女の人
  1. ホーム
  2. 自分の肌には何が必要か

自分の肌には何が必要か

レディ

シミやくすみが気になる

美白と一言でいってもそれぞれの肌が抱えている問題は色々あります。例えばシミやくすみがあるとかニキビ跡があり、肌に艶とハリがないなどまず、自分の肌を鏡で見てその問題点をしっかり認識することが大切です。そうでなければ、美白に効果があると口コミで評判が良いとか宣伝効果に迷わされ、本当に今の自分に必要な成分が入っていない化粧水や美容液を使うことになります。それではいつまでたっても効果が現れません。多くの人が悩んでいるのは、シミやくすみでしょう。若いころに日焼けの後のケアをしなかったり、シミやそばかすの予防をしなかったりなど、遊びや仕事で忙しくて肌のケアを怠っていると50代になると後悔してしまうことになります。しかし、今は美白に良いとされている成分が入った化粧水や美容液もありますのでこれらを上手に使えば十分に間に合うので諦める必要はありません。また、肌にはターンオーバーという新陳代謝機能がありますので、ゆっくりですが改善される可能性が十分あります。ターンオーバーは約28日周期で行われます。この時肌表面の角質層が古い角質層の垢としてはがれる新陳代謝の事です。ですから、美白効果があるからといってもある程度の時間はかかり、大体3ヶ月は利用し続けないと効果が出ませんがゆっくりと変わっていくのであせらず気長にケアすることも大切です。美白に効果がある成分として化粧水に使用されていものは様々ありどれを選ぶかは難しいものです。効果が期待される成分として多くのメーカーが使用しているのは、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、エラグ酸などがあります。特にビタミンC誘導体は水に溶けやすい成分で化粧水に凝縮しやすいため、ビタミンCを肌に吸収しやすくなり、皮脂の分泌を抑制する働きが期待されます。また、50代の肌には嬉しいアンチエイチングの効果やニキビ予防にも期待できます。